Go Forward

研究業績発信・管理データベース

本学では、教員の研究業績の発信や管理について、2つのデータベースを利用しています。

【Pure】
本学の研究成果を世界に発信する研究者データベースです。
掲載されている各教員の研究成果は、査読済み文献の世界最大級の
抄録・引用文献データベースであるScopus(スコーパス)に掲載されているものになります。
Scopus(スコーパス)に掲載されている論文情報は、週1回を目安にPureへ自動更新されます。
Pureの利用により、研究者同士のネットワークを可視化し、
学内外の共同研究促進等を目指します。



【教員データベース】
本学独自の教員データベースです。
各教員の研究成果のうち、教員自身が登録した情報が掲載されます。
著書・論文、展覧会・演奏会・競技会、学会発表、現在の専門分野等
幅広い情報が掲載されています。


(検索ページへ)


(お知らせ等掲載ページへ)

【その他】
教員データベースを通じて、researchmap等外部データベースと連携を行い、
教員の業績がより広く公開されるような運用を行っております。

《参考》
〇researchmapと教員データベースの連携について
〇J-GLOBALについて
 

お問い合わせ先

【研究推進部】研究知財事務室

Pure・教員データベース担当
Tel:
03-3296-4476

Email:
〇Pure
pure@meiji.ac.jp
〇教員データベース
sennindb@mics.meiji.ac.jp