Go Forward

問題分析ゼミナール(3年生)紹介[鈴木 雅博]

明治大学情報コミュニケーション学部 分析ゼミナール(3年生)紹介
鈴木 雅博 准教授
(主要担当科目)情報社会と教育

≪学生へのメッセージ≫

「あいつは大卒だ」とある人が発言する時,それは単なる情報の伝達ではなく,何事かをしている可能性があります。例えば,高卒ばかりの職場でのそれは,「有能さの称賛」/「少数者の除外」を成し遂げているのかもしれません。教育をめぐるやりとりをつぶさに見ることで,今まで気づかなかったことに気づくことができる,そんなことをめざしています。
■研究内容
本ゼミナールでは,学校を対象とした質的研究を進める上で必要となる方法と関連知識を身につけることを目的とする。従来の学校研究では,いかなる教育が「善い」ものであるかを思弁的に論じたり,種々のデータを集め,それをもとに対象間の因果的推論を導くことが試みられてきた。しかし,私たちが教育を論じたり,「データ」をそれとして理解するためには,それを可能にする種々の概念を共有していることが前提となる。例えば,私たちは{教師・生徒}とは何者であり,それぞれにどのような活動が期待されているのかを知っている。こうした知識が教師や生徒のやりとりへの理解を支えている。この点に目を向けるならば,学校教育を対象とした研究において,人びとが諸概念を参照しながら織りなす実践それ自体が解明すべき課題となる。本ゼミナールでは,学生諸氏とともにこの課題に取り組んでいきたい。到達目標は次の二点である。①種々の先行研究に学び,それを批判的に読み解く作業を行うことができる。②各自が関心を持つテーマに対して確かな方法と対象への理解に基づいたリサーチクエッションを設定することができる。
その他(学生へのアドバイス)
ゼミで扱える文献には限りがあります。「巨人の肩の上」にのるためには,自ら進んで先達の知見と格闘することが望まれます。