Go Forward

学部長メッセージ

学部長メッセージ

 農学とは、人間が生きるために欠かすことのできない農業を対象とする学問です。農業は食を生産するほかにも、医薬品や健康食品、そして環境問題など、私たちの暮らしを支える衣食住すべてに関係しています。「農業をするわけではないのに、なぜ農学部に入るの?」と疑問をもつ人がいるかもしれませんが、農学部での学びは、実際に現場で農業を担う人を育成するだけのものではありません。生物学や化学、物理学などの自然科学、経済学や社会学などの社会科学に加え、急速に進化する生命科学をはじめとした諸科学を駆使し、私たち人間と動植物、微生物、あらゆる「いのち」に関わることを総合的に研究しています。農業で扱われるのは人間がつくりだす人工的なものではなく、動植物、微生物の生命活動から生み出されるものであるため、農業に携わる人は「いのち」への感謝と謙虚さをもつ必要があります。
 
 そんな「いのち」に学生・教員一人ひとりが向き合う明治大学農学部は、バランスのとれた4学科で構成されています。生産現場での技術的な合理性や可能性、人間を含む生物の生存環境について考究する農学科。農畜産物の機能や有用性を高め、化学的な知識から農業生産環境を研究する農芸化学科。動植物、微生物の生命としての可能性を追究する生命科学科。産業や生活、地域として農業をとらえることで、実際の生産・流通・消費の仕組みをグローバルかつローカルな視点で考える食料環境政策学科。
 農業の可能性を追求し、実際に命が育まれる現場に出向き、そこで採れたものをさらに豊かにし、うまく分配する…まさに農業界の縮図のような環境で、リアルに物事の本質をとらえる目を育てることができます。 人口増加による食糧不足の懸念などから、農学への期待が高まる近年。「いのち」に国境はないので、明治大学農学部での研究成果は、地球規模の持続的な社会の実現に貢献することになります。みなさんが、本学部での学びを通して、多様な「いのち」が共に助け合いながら生きていることを体感し、人として成長されることを願っています。

農学部長 竹本田持

農学部長 竹本 田持

  1981年明治大学農学部卒業、1983年同大学院修士課程修了。財団法人過疎地域問題調査会研究員を経て1986年明治大学農学部助手、2007年同教授。博士(農学)。1996年~1997年英国シェフィールド大学客員研究員。副学長(教務担当)、同(社会連携担当)など歴任後、現職。著書に、『農業経営学の現代的眺望』(分担執筆)、『非営利・協同システムの展開』(分担執筆)、『欧州連合〔EU〕の農村開発政策』(共著)など。